穴をあけるのには、通常ニードルかピアスガンを使います。人気があるのが、一瞬で穴をあけられて痛みも少ないガンを使う方法です。ただし、病院に行かずに自分であけたりすると、雑菌が入って化膿したり、しこりができることがあるので止めましょう。


初めのころは、ピアスをはずしても穴がふさがらないように通常より太いファーストと呼ばれるものを着けておきます。通常は、4?8週間で穴の中が皮膚になりますが、その後も雑菌が付くので消毒は続けてください。


夏の間は、紫外線による炎症や、汗で不衛生になりがちなので、避けた方が無難です。ピアスをあけたら耳たぶから白い糸が・・・なんていうのは迷信で、視神経は耳たぶを通ってはいません。


しかし、妊娠中の女性や血が止まりにくい人などは止めておきましょう。それから、金属アレルギーの人は、医療機関でチタンやステンレスの器具を使うようにすると、アレルギー症状が出ることは少ないようです。


ピアスの素材には、シルバー製や18金などありますが、金属アレルギーの方にはボディでも使われるアクリル樹脂製をお勧めします。棒状のを留め金で止めるのがスタッドピアス、輪になっているのがリングです。ポストがフックになっているものやチェーンでできたアメリカンも人気があります。穴さえ落ち着いたら、かわいいピアスや洗練ジュエリーなどを楽しめるようになります。

◆カテゴリメニュー◆
 ●  へそにつける
 ●  よくあるトラブル
 ●  シャネル
 ●  ダイヤ
 ●  性器(ラビア、クリトリス)につける
 ●  穴あけの仕方
 ●  穴あけ器具